2008年11月25日

、、、とにかく、DVDに焼いてみる件について

某みんなで共有系のソフト(通称:酢橘)で落として来た映画のファイルがある。
HDに入れておいてもいいんだが、余裕もないので「さあ、どうしよ?」と思う訳である。

取りあえずフォーマットはAVIだ。

そして、某みんなで共有系のソフト(通称:酢橘)で頂いたDVDのライティングソフト(通称:パン焼き機)がある。

「とりえず焼いちゃうか!」と思った訳である。。。。

が、「あれ?VIDEO TSとAUDIO TSがないとDVDに焼けないじゃん、普通!!オレが焼こうとしてるのはAVIフォーマットだ!どうすりゃいいの?」

と思い、ウェブにて同士のサイトを色々調べたんだが、いい解説がない。。。。

「なんだかめんどくせぇな!」

とか思って、とりあえず「パン焼き機」を立ち上げてみたら、、、、、

「コーデック:自動」って選べる項目があった。

「!!!」

そのまま放り込んでライティングをスタート!



おいしいパンが焼けました。



posted by Bishop at 01:53| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

インテルのCMが気になる、、、件について

なんかインテルのCMの音楽がすげぇ気になる。
耳に残るんだよなぁ、これ。


Intel Centrino

posted by Bishop at 02:07| 東京 🌁| Comment(132) | TrackBack(0) | Info&Tech | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やたらインテルのCMが気になる、、、件について

なんかわかんないけど、やたら気になるCMです。
耳に残るよなぁ、これ。


Intel Centrino
posted by Bishop at 02:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Info&Tech | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

あれは本当は誘拐じゃないんです、、、、な件について

ずっと書きたいと思っていたネタを書く。

今年の10月に埼玉で子供の誘拐事件があった。

『20歳の無職の男が女児を1時間半連れ回して未成年者誘拐の現行犯で逮捕された』

というちょっと聞くとどこにでもある話だ。

また変態が女の子にイタズラしようとしたんだろ?

と、とらえられがちな事件だ。事実、警察も容疑でパクったらしい。
ネットでも同様の疑義で報道されていた。

ところが事実は全く違っていたのである

お母さんに教科書の事で怒られた女の子が泣いている所に、たまたまその姿を見た無職の男が心配し、声をかけたら「三郷市のおばあちゃんの所に行きたい」と言うので「近くの交番におばあちゃんの住所を聞いて」までして、連れていってあげる途中だったらしい。その交番のポリが勘違いして「誘拐だ!」って事で逮捕したらしいのだ。

無職の男の究極の親切心が全く逆の方向にいってしまってるのである。

どういう事か?

本当に困っている時にはお互いに助け合おうという社会の基本構造が完全に崩壊してるのである。
猜疑心、偏見、、、色んな事が絡んで、、、。

そもそも誘拐しようってヤツが交番で住所聞くかな?

世の中のコンセンサスとして「子供には近づくな」という考え方があるらしい。それは「ヘンに関わると後々痛い目に遭うから」である。

こんな世の中になってしまった。
「子供には近づいてはいけない!」というのは自己防衛であり、「積極的に無関心」でいないと自分自身は守れない、、、そういう時代になってしまったのだ。

「子供はみんなで守る、地域で子供を育てる!」というキレい事を言うのは簡単だが、まずはみんな「自分を守らなければならない」ワケで「積極的な無関心による自己防衛」が必要になってしまうのも意味がわかる。
っていうか普通の大人なら当たり前だろう。

そういう社会にしてしまったのは大人である。
「お互いに助け合う事ができない社会」は問題があると思うのだが、、、。

オレのガキの頃は、イタズラしてると全然知らないおっさんに怒鳴られたし、
全然知らないばあちゃんがお菓子をくれた。
地域が一つになって(どこの家の息子だか知らないけど)そこら辺のガキどもをまとめて育てていたんじゃないかな?

「知らない人にはついて行かない」
これは本当に正しい教育なのだろうか?
そう教育しなければいけない社会を作ったのは誰なのか?を考えるべきだな。


なんちゃって!?
タグ:誘拐
posted by Bishop at 00:16| 東京 🌁| Comment(15) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

Intel Core i7が発売になった件について

最近のCPU競争は楽しいワケである。

intelのATOMプロセッサの登場で「Netbook」なんてモンが大ブームになり、各社小型のノートブックをいっぱい出して競争している。しかもその競争は「価格競争」になっており、本来あってはならない部分でのし烈な価格競争になってしまってる所もわかりやすい。

APPLEは「うちはそういうモノは作りません!」って宣言しちゃったらしいけど。

昨日はIntel Core i7が発売になった。まあこれはハイエンドCPUだからちょっと違うけど。

今後、コンピュータにかかる負荷はドンドン増していくのは間違いない。

そういう意味では、あんまり安いコンピュータは使えなくなっていくんだろう。
Netbookは「機能限定パソコン」である事を忘れてはいけない。
posted by Bishop at 12:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Info&Tech | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

時代はうつろう件について

小島よしおが子供達に「うわぁ、小島よしおだぁ、懐かしい!そんなの関係ねぇやってぇ」って言われたらしい。
栄枯盛衰、時代がうつろい行くスピードと有り余る物質がもたらす消費社会を実感するワケである。
posted by Bishop at 14:47| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリウッドが韓国マーケットから撤退、、、な件について

ハリウッドのすべての映画会社が韓国マーケットから撤退!

、、、、だそうである。

理由はもちろん、お約束の違法コンテンツのダウンロードの蔓延である。
韓国はBB率が97%で、2人に1人が違法ダウンロード、、、みたいな国らしい。

たしかに著作ライツにはかなり疎いお国柄だって話は聞いてたけど、、、。
だったらそのちょっと上のバカデカい国(人口13億人)も結構問題あるよ、きっと!?


というか、オンライン上の違法コンテンツの流通はある1国を封鎖したってあまり意味がないでしょ?基本的にオンラインには国境ないもんね。

見せしめだよね、これってきっと、、、、。

このネタ、、、書いてみたけど、、、、特に言いたいことがありませんでした!?
すいません!?


posted by Bishop at 00:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

こんなショートムーヴィーがあった、、、件について

GIGAGINEさんのサイト見てたら面白いショートムーヴィーがあった。

映画はハリウッド大作からVシネマまで、色々な形があっていいと思う反面、「映画」にする意味や理由が曖昧になってる気もするため、テレビ映画との線引きが難しい。

テレビじゃできないけど、映画ならできる事ってあるのかな?(道徳的な問題は別にしてね。)

まあ、いいや。ご覧下さい。

The Black Hole


posted by Bishop at 12:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

Starting,,,My 2nd and last term.

I can never forget THE DAY.My everlasting life goes on with YOU.so happy and heartful days will be waiting ,,, our future coloured in roses bloom like a rose called "LA VIE EN ROSE".

posted by Bishop at 01:43| 東京 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

パケット代ってみんな理解してる??、、、な件について

この前電車内広告が面白い件を書いた。またまた、面白い広告を見つけた訳である。今回は「NTTドコモ」の電車内広告である。


ドコモの新サービスで、重量加算でパケット定額料金が変動していくっていうサービスができて、その宣伝広告らしい。

そのキャッチコピーは、、、、。

「パケット代なんて使ってみないとわからないですよね?」

というものだった。。。。

ひらめきその通りである。

パケットなんていう発想は一般の人達には理解しにくいのである。
そしてドコモだって最初からわかっていた事だと思うよ。

自分たちで作ったわかりにくい加算方法を自分たちでダメだししてる広告に見えた。

それはもういいけど、各キャリアが定額制になりつつある事からもわかる様に、この「パケット」っていう発想はユーザにとってとてもわかりにくいと思うのである。

昔って、通話料は1分いくら?、、、みたいな基準でキャリアを選んでいたと思う。
今はそこに大差もないし、そこに重点を置かなくなった。(本来、電話の基本的な要素であって、一番大事なのに。)
むしろパケット代をみんなが気にする時代になった。

かといって、そのパケットの仕組みを理解してる人ってどのくらいいるのかなぁ?

キャリア側がその辺をスゴく「うやむや」にしてる気がするのは僕だけかな?

僕は通話料も通信料(パケット代)もすべて定額にして、もっとユーザがわかりやすい料金体系を作った方がいい様な気がする。
これだけネット社会なのだから、もっと違うチャネル(いろんなオンラインサービス)でビジネスを作り出すべきだと思うのだ。

曖昧なパケット代で収益をあげるのではなく、独自なサービスでユーザを惹き付けてもらいたいし、そこで収益を上げる方が健全だと思う。
posted by Bishop at 00:14| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | Info&Tech | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。