2008年06月22日

神様が人類を作る場合(プログラム編)

神様が7日間かけて人類を作った場合のプログラムです。
in the beginning,there was the computer...
(最初にそこにコンピューターがあった。。。)
で始まる。人類創造のプログラミングです。

神様もログインパスワード間違えたり、、、
主よ光を!!、、、、でも光がこなかったり、、、
まずは天と地を作ろうとするのですが、、、、

苦戦しています。
ちょっと面白いです。

以下をクリックしてみてください。
http://celobox.googlepages.com/god.html
posted by Bishop at 01:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

宮崎被告の死刑が執行されちゃった件について

あ〜あ、早いな。確定から2年位だね。
再審請求も出してる途中だし、通院中なのに、、、、死刑執行。。。

社会的には残虐な事件だけど、今回のは鳩山さんの点数稼ぎだな。
政治的な理由で「人が殺される」っていういい例じゃない?

今回の例でよくわかるのは、人権がうんぬんかんぬん、、、って事ではなく、法を楯に取れば、なんでもできるって事かもしれない。

病院に通院しているって事はなんらかの病を患っていて、それを「治療」するためでしょ?「治療=生きようとしてる」って事であって、何故生きようとするのか?と言えば、それは再審において死刑以外のなんらかの措置を期待しているからだ。それを知ってて、執行しちゃうには理由があるんだろう。
(これは法制度上での解釈で言えば、、、、って事だけど)

冤罪はないにしても、一部誤審、恩赦や減刑の可能性を信じて小さな希望を胸に、病と闘っているいる人間の意思を全く無視して、自らの政治的な人気集めのために死刑を執行した鳩山さんに、政治家としての並外れた覚悟を感じる次第です。

そもそも「刑罰を科す理由」は何か知ってる?
なぜ刑罰を与えるか知ってる?

法律上、「刑罰を与える一番の理由」は「本人の更生」なんだよ。
死刑にしちゃったら「更生」できないよね?
ん〜〜〜難しい、、、死刑制度の存置、廃止的な話になっちゃうからこの話はやめます。

先進国で死刑制度がある国は、日本を含め数カ国しかありません。
ラベル:死刑 宮崎被告
posted by Bishop at 14:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

スピード社の水着が解禁なのは当たり前な件について

っていうか、決め手は一つだけでしょ?

「企業の営利」なのか?「健全なスポーツ」なのか?

わかりやすいよね。
企業にしてみれば強化選手に対して投資した分、五輪で宣伝してもらわなきゃ意味がない。
選手にしてみれば、純粋なスポーツとして「勝つ」事が大事で、、、、。

どっちも意味はわかるわけで、、、。んじゃ、どうするか?

どっちかが折れないといけない中で、、、、僕は当然のごとく、企業が折れるべきだと思う。(でもって、その通りになった。)

それは「スポーツマン精神を尊重して」とか言う、上辺のキレイ事ではなく、企業的なイメージアップに効果的だからだろう。

「その方が後々企業的にメリットだろう!と判断せざるを得ないと判断する勇気」

って意味だ。

ここは企業が折れておくべきなんだね。
ラベル:スピード社
posted by Bishop at 00:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

「人生、宇宙、すべての答え」が知りたいですか?、、、な件について

「人生、宇宙、すべての答え」

知りたいですか?

グーグルで「人生、宇宙、すべての答え」を検索してください。
アナタの知りたい「答え」を教えてくれるよ!
posted by Bishop at 22:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

映画「Blade Runner」が改めてカッコイイ件について

映画「Blade Runner」の思想的な影響力に痛感するワケである。
フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の映画化であるこの作品だが、その後に与えている影響はすごいね。
(原作の宗教臭さはカットされてるけど。)

サイバーパンクと言う側面で言えば映画「MATRIX」への発展と定着。

音楽という側面で言えばVANGELISのLOVE Themeや坂本龍一のアルバム「未来派野郎」での大胆なサンプリング。TM NETWORK「CHILDHOOD`S END」なんていうのもあったな。

近未来のロサンゼルスがアジア人だらけ、、、という予感と現実味。

機械が意思を持てば「電気羊の夢を見るのだろうか?」という先鋭的かつITな発想。

エンディングが数種類あるとか、ディレクターズカット編集の存在。
僕は最終版を初めて見て、ナレーションが入ってないので意味わかんなかったな。完全版がおススメ。)

エンディングカットでお金がないから、スタンリーキューブリックの「シャイニング」のオープニングの空撮映像を譲ってもらって使うという豪快な経費削減とか!?

まあ、見所満載です。サイバーパンクが好きな人は是非!!

Blade Runner trailer

posted by Bishop at 02:36| 東京 ☀| Comment(30) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

パンダは中国からのレンタルだった、、、件について

今回、上野ZOOのリンリンが死んじゃって、GWでテンションMAXなちびっ子の顔は、奈落に突き落とされる時のちびまる子のような青っ白い顔になってるはずである。

っていうか、マジかよ!
実は世界中のパンダは中国からレンタルしてる形になってて、年間1ペア当たり1億円位のレンタル料を中国に払ってるんだよ!サッカー選手かよ!

知ってた?

いわゆる「パンダ外交」という、中国のしたたかな外交テクニークらしいのだ。
国交の親和化、正常化記念?みたいな理由で送りつけてくるらしいんだけど、こんなもんに1億円も払う必要あるのか?
まあ絶滅危惧種の動物なので、ワシントン条約にひっかかるらしく、こういう形を取らざるを得ないらしいけど、、、、どうみてもビジネスじゃん!こんなもん。

で、もっと面白いなあ!と思ったのは、中国が台湾に対してパンダを送ろうとしたって話である。(有名な話らしいけど)
ワシントン条約では、パンダの輸出国とパンダを受け入れる国の双方の承認が必要らしい。つまり台湾が受け入れを許可するためには、中国は「台湾は主権国家である。」と認める事に等しい。台湾的には「受け取るってことは、俺達の主権を認めてくれるってコトだよね?だったらいいよ!」となるわけだ。
でも中国の主張は「国内の移動だ!」と言い張ってるワケである。(つまり中国的には「台湾は独立主権国家とは認めない」と言ってるに等しいのだ。)

台湾は、、、、
「1億円払うからパンダをレンタルしてよ!そしたら俺達は独立できるって事だし、安いもんじゃん!」と思い、、、

中国は、、、
「金はいらないから、パンダをもらってくれ!国内移動ってコトにしとけばいいよ!」と主張し、パンダを無償で受け取らせたいのだ。(パンダ外交は世界的にイメージアップに繋がるし、台湾を独立させたくないからね。)


そりゃ台湾も「たかがパンダごときで俺達の国家主権を放棄するわけにいかねぇよ!タダでパンダは受け取れねぇ!」と思うわな。

たかがパンダを送る、送らないで、国家の主権を左右する大事件になってるってコトなのだ。面白くない?
ラベル:パンダ
posted by Bishop at 02:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

自分の事ばっかり考えてると、、、な件について

「まずは自分を守る」っていうか、「自分が大切」?的な意識のヤツが多い限り、他人の心の痛みまでは考えられないでしょ?

この映像を貴方がどう見るか?で、僕は「貴方の事」がよくわかります。
I can see you clearly...


YOU CAN HELP STOP SUICIDE.


posted by Bishop at 03:15| 東京 ☁| Comment(40) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

難しいチベット問題をわかりやすく解説してみよう!な件について

どうもわかりにくチベット自治区の暴動である。っていうか、マジでホントの所はマスコミもわかってないでしょ!?
タイミング良く中国では今年オリンピックが開かれるために、それと一緒に考えられているけど、ホントは全く関係ないんだよね。

政治的に、チベット自治区は中国の領土で、特に「歴史的に伝統のあるチベット人はここに住んでいいよ!」という中国の設定した自治区域だ。歴史を尊重して作ってあげた自治区域なのに、政治的または宗教的に中国は自分たちのやり方を強要するから、ラサのお坊さんたちは、「もっと自由にさせて〜や!」となり、合法的に抗議デモをやったワケである。
そしたら、中国政府が軍事介入してきて、デモしてるお坊さん達に小銃ブッ放しちゃったもんだから、人権問題にうるさい欧米や米国が中国に対して「どうなってんだよ、お前んトコ!!そんな事してる、オリンピックをボイコットするぞ!マジで。」みたいなことになって、オリンピック問題に繋がるワケです。

そしたら中国は、チベットにいない(インドに亡命中の)ダライ=ラマの名前を持ち出してきて「っつうか、自分たちが悪いんじゃないっすよ!ダライ=ラマがチベットのお坊さんたちを扇動してるんだ!」みたいなよくわかない論法で切り替えしたために、人権問題だったものがいつの間にか「宗教論争」になっちゃったワケで、おまけに「オリンピックのボイコット」騒ぎは起きて、、、みたいに話があさっての方にいってしまってるんだと思う。
おまけに情報操作が得意な中国は海外メディアにも規制をかけて、「ホントのトコ、今のチベットってどうなってるの?」という世界中の関心を(事実上)シャットアウトしてるから、海外のプレスにも情報がないもんだから、(人権問題に異常に疎い)日本は、なにがなんだか良くわからないのです。

中国は、宗教的な尊重があって自治を認めているのなら「ある程度はその宗教内で完結させてあげる」ようなスタンスでチベットに接しないといけないよなぁ。
パレスチナのガザとかチェチェンとかもそうだけど、「認めてあげるなら、任せる!」っていう態度じゃないと、絶対にうまくいかないよ。それは歴史的に間違ってないと思うんだけど、、、。

コキントウさんは国家主席になる20年位前にもチベット人に銃をブッ放した経験がある。それはまさに「中国国内の歴史的立場(マオイズム)を貫いている」ワケで、今また同じことをやるのは、ある意味、当たり前だ。しかもあの人は絶対にやめないよ。
中国人は、一度やるって決めたらどんなに犠牲を払ってでもやる人種だし、民族意識もハンパじゃない。ゴリゴリの右翼みたいなもんである。

って事は、この騒動は絶対に治まらない。
って事は、今や一緒の扱いにされてるオリンピックも大変な事になる。

っていうか、中国は否定してるけど、パリを走ってた聖火ランナーにいろんなヤツが襲いかかってたニュース見てたけど、あの時、一瞬聖火は消えたよね、ケムリ出てたもん。

あ〜あ、オリンピックの(うわっつらの)伝統までもブチ壊しちまったよ。。。
ラベル:チベット問題
posted by Bishop at 03:15| 東京 ☁| Comment(1316) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

「やりきれない」って言葉が好き、、、な件について

日本語の中で結構好きな言葉

「やりきれない」

なんて奥が深い言葉だろう。
きっと英語には訳せないでしょ?、この言葉。

さまざまな不安や心配、複雑な人の心、どうにもならない状況。
焦燥感。
いろんな意味を含んでいる重い言葉だと思う。

さっきテレビ見てたら、刑務所内の受刑者にスポットをあてる番組を
やったんだけど、、、、。

一人目の受刑者は重度の認知症なのだ。
自らの罪を償わせ、更正させるのが目的の「受刑」という行為も、認知症が故にその意味が全くなくなっているのだ。何故自分が刑罰を受けているのかもわからないのだから、もはやそこに意味はなくなっているわけで、、、、。しかも、身内さえも認知症の受刑者の身元引き受けを放棄しているという状況。。。。

二人目は身元を引き受ける保護者もなく、刑務所で多少働いて得た9,000円程度の所持金を持ち、行く当てもないのに仮釈放された人だった。行く当てもなく彷徨い、「受刑者」だったという世間の冷たい評価、強い風当たりに負け、結果的にまた万引きをして刑務所に戻ってきてしまう。この人にとっては塀の外よりも刑務所内の方が居心地が良くなってしまっているのだ。刑務所が身と心の拠り所になってしまっているのだ。

こんな状況をどう言い表せばいいんだろう?

オレはどう解釈すればいいんだろう?

、、、と思った時にこの「やりきれない」という言葉が頭に浮かんだワケである。

ん〜〜〜〜〜っ、やりきれないな。
posted by Bishop at 01:13| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

タートルさん家のゴタゴタ、、、、について

なんだかヘンな記者会見を見た。長男が出てきて、『家族を代表して』謝っていた。
バカみたいな会見で、、、笑った。
笑ったのは長男に対してではなく、その場にいたマスコミに、、、だ。

まず、根本的にタートルさん家の教育方針に問題があるワケで、それが反社会的な教育だったのだから、マスコミはそこを追求する方が核心を突けると思うのだが、例の試合のコトばかり聞いてるので、真意が聞けてない。ある意味、マスコミは『マスコミという肩書きを盾に』バッシングしたいんだろうから、もっと広い意味で質問しなきゃダメじゃん。

んでもって、もっと笑ったのは、長男の『あんな親父でも僕を育ててくれた親父ですから(半泣)』のシーンで、一瞬、会見場が静まり返ったトコロだ。完全にマスコミがたいじろっちゃってるし、、、、、同情しちゃってるじゃん!
『あんな親父でも僕の親父だ!』って事と『卑劣な反則ワザの指示や数々の言動』とは全く関係ないだろ!
マスコミも『そんな事はわかっています!あなたにとってイイ親父だろうが、そんな事は関係ありません。問題なのは卑怯な反則行為や社会的に不道徳な言動の部分です!』ってはっきり言わなきゃダメじゃん!
ムダな記者会見になっちゃったよね。

そもそも、タートルさん家自体がイカレた一家だというのはみんなわかっていて、それをマスコミ的に面白いから沢山報道してたワケで、一番オイシかったのはマスコミだろう。んでもって、こんな事件が起きたら今度は先頭切ってバッシングするんだから、オメデタイ職業である。
そう言う意味では、タートルさん家は『マスコミによって祭り上げられちゃったVICTIM』とも言えるのかな?

でもオレがタートル家の親父だったら、とりあえずあの記者会見には顔出すけどなぁ。
どうせ、なんか考えてるんだろうな。
あと、タートル家の教育方針については特に異議はありません、、、というより興味がありません。
posted by Bishop at 21:06| 東京 ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

赤福餅ってどう考えても確信犯、、、な件について

赤福餅って、、、
保健所から無期限の営業停止処分をくらった株式会社赤福さんである。
「申し訳ない」とか「ご迷惑をかけてしまった」とか言ってるけど、これって最初っから
わかっててやってるんじゃないだろうか?
明らかに偽装の手口が見え見えだし、消費者を騙そう!と思わなければやらないだろう、普通。
リパックや巻き直しとかってのはよくやる手口らしいけど、それを知っててやっておいて、発覚したら「申し訳ありませんでした。」ってのはどうなんだろうか?
全然申し訳なくないじゃん、わかっててやってるんでしょ?

「バレちゃったので、、、、すませんでした。」っていうのが正しいな。

成分表示もウソだったらしい。通常は含有量の多いものを先頭に記載しなきゃいけないのに、赤福さんは一番含有量の多い『砂糖』表記が一番後ろになってたらしい。どうせ『うちの商品は砂糖も少なめで、健康にもいいですよ!ジジイやババアにも安心!』みたいな姑息な偽装だろう。
申し訳ない!申し訳ない!って言ってるけど、知ってて消費者騙してたんでしょ?しかも30年以上も、、、、それって。。。。

笑ったのは、一旦製造したものを冷凍し、再び解凍してもあの独特のカタチが崩れない様な特殊な技術も開発してたって話だ。事業計画的には的を得た資金投下であり、開発陣も優秀だな、おい。
っていうか、完璧に組織ぐるみの犯行じゃん!

和菓子のニーズというのは根強いし、たしかに健康にもいい。
近年は『Japanese sweets』も人気だし、いろんなメーカーが開発してるから老舗もヤバいんだろうなぁ。
伝統の味を守り続けるが故に、コストバランスが崩れてしまうのはマーフィーの法則であって、そこから偽装工作へ手を出すのは必然の流れだろう。
赤福さん、お疲れさまでした。あとは、辻口さんにでも任せとけば?
posted by Bishop at 03:06| 東京 ☔| Comment(99) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

スポーツマンシップってこういう事、、、な件について

まあどんなスポーツでも、審判が見てないトコではメチャクチャやってるって話である。バスケットボールやってた頃は審判に背を向けて相手のユニフォーム掴んでたし、マンツーマンディフェンスでは互いに耳元で罵声、ののしり等悲惨なモンだったな。
表向きは正々堂々と、影では、、、、。
そういうのも含めて「スポーツマン精神」って言っちゃえば、わかりやすいんだよな。
勝たなきゃ意味ないんだし、まんざらいイケナイ事でもないような気がしたりして、、、。

サッカーにて行われている「スポーツマン精神」の実態。
posted by Bishop at 03:07| 東京 ☀| Comment(165) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

満員のラーメン屋で「冷やし中華」を発注する、、、、件について


ラーメン屋に行ったらもの凄く混んでた。
店員さんは作るのに大忙しで、お客さんもそれは承知しつつ、でも若干のイライラ感満載の店内の空気は想像できるだろうか?僕は店に入った途端にその異様な空気を読み取ったワケである。
そんな中、一人のお客が「冷やし中華!」、、、、である。

おい!空気読めよ!

イケナイ事ではない。何頼んでもお客の自由である。
でも周囲のお客は一気にドン引きだ。一般的にラーメン屋において「冷やし中華は作るのに時間がかかるし、利益率は低く、できればやりたくないメニューN0、1」である事はコンセンサスだろう。
そんな面倒くせぇメニューが超満員の時間帯にオーダーされた時の店員の気持ちが痛い程伝わってきて、僕的にはなんとも香ばしかった。

そんなヤツに限って、「オレは他人と違うもん発注したった!」的に自身満々な顔して周囲を見ている。(さっぱり顔で肌ツヤが良く、大学のテニス部に居そうなイケメンだったけど、、、。)

決してイケナイ事をしているのではないが、人間性ってそういうトコに出る気がするのだ。気遣いや思いやりとかっていう単純な行為は誰もが語れるキレイゴトであって、僕はあまり興味がない。日常生活においてふとした場面で「あっ!それってどうなの?」と気が付ける事こそ、大事なんじゃないかな?

あのラーメン屋の店内は少なくともそういう空気満載だった。店なんだからいろんな人がいる訳で、早く食って出たい人もいれば、味わって食べたい人、静かに食べたい人もいる。庶民の縮図に近いラーメン屋って場所こそ、そういう事に気が付かなければいけない空間なのだと思う。

そういうトコに気が付けるか?付けないか?は僕が他人を見る時の大きな判断基準になっているなぁ〜!と改めて自分を再認識した次第である。
posted by Bishop at 01:33| 東京 🌁| Comment(518) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

よく見ろ!そして考えろ!マスコミども、、な件について

前回のブログにも書いたけど、、、。
今回の新潟中越沖地震でのマスコミの報道にはマジで腹立つ(怒)。

いいか、マスコミ!良く聞け!
君たちが普段やっている事はこういう事なんだぞ!


ちゃんと見ろ!んでもってよく考えろ!
http://www.youtube.com/watch?v=m6_LRzbrrZo


現場の状況、取材の対象、プライバシー、、、よく考えろ!
バカが、、、。
posted by Bishop at 05:22| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

っていうかマスコミにはウンザリ、、、な件について

最近、一万円がトイレに置いてあったり、空から振って来たり、川に流れて来たりしているらしい。トイレで見つかったものには「修行の糧に使ってくれ!」って書いてあるらしいが、どう考えてもこの辺の意味不明の現金は「やましい金」である事は想像に易く、自分の罪悪感をまぎらわす為に自分の中で「善意」に置き換えたい欲求が高じて、こうなっているんだろう。

つうか、そんな事はどうでもいい。

終末感満載の日本列島の3連休も色々考えさせられた。
台風直撃で3連休はがっかり!のはずが、がっかりだけで済まず、強烈な地震で日本中が大変な事になってしまった。

一番醜くかったのはマスコミの報道だ。

なんか一連の被災地報道がすべてワイドショーっぽく見えた。

災害で辛い思いをしている人に向かってメチャクチャな質問をしているリポーターが多いのだ。マスコミにとっては格好のネタなんだろうけど、災害の中にいる人達は明日の生活にも不安を抱えている辛い状況なのである。「今のお気持ちは?」とか、ぶっ壊れた自宅の前で「家はどんな感じですか?」とかバカみたいな質問ばっかりで、、、、基本的に「上から目線」なのである。「なんでもいいから衝撃の映像をカメラに納める」的にレベルの低い報道姿勢はなんとかならないのかな?
もっとよく考えろ!マスコミ。お前等が一番偉いワケじゃねぇんだぞ。どちらかと言えば他人のネタを拝借して来て、金に変えてる商売だろうが!
そんな辛い状況にあっても、ふいにマイク向けられ、混乱しながらも凛として気丈に答えている災害地の方々を見る方がかえって辛いんだよ、こっちは。

とか思ったら、同じ様な事を言ってる記事があった。
http://news.livedoor.com/article/detail/3234734/

、、、、、だよな。
ラベル:新潟中越地震
posted by Bishop at 23:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

こんな結末もありなんだろう、、、の件について

KING800といかいうネットショップがブッ潰れた。
そりゃ、iPodを1万円でタタキ売ってたらこうなっちゃうんだろうな。
お手軽に始められるネットショップは対面販売とは違った構造上の問題やら、ニッチな産業に対して接客知識のない友達同志のお気楽なスタンスで参入しちまった結果、内部紛争が勃発して、、、、みたいな、、、限りなく想像を膨らませながら本件について考える次第です。
激安の殿堂が終焉を迎えたワケで、ウエブ上に残された藤枝さんの最期の言葉がなんとも味わい深いので、乗せておこう。
今後、こういったモデルケースが次々に出て来る予感もありつつ、、、。

閉店にあたっての決意の文章を是非読んでみて下さい。
http://www.king800.jp/
ラベル:KING800
posted by Bishop at 13:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

基地外発生!!

(ウィキペディアより)
本来は端的に精神状態が著しく常軌を逸した人間、または常軌を逸した犯罪行為等を行う人間を表現するにあたり用いられる俗語である。

暖かくなってきた(というか暑さ?)せいか、害虫が発生しやすい時期なので、みなさん気を付けましょう!
うちの周りでも基地外がウロウロしているようだ。バルサン(煙は少なめタイプ)まで買って来て駆除の準備に追われているが、ぶっちゃけそんなヒマはないワケである。辛い痛み分けを経験し、それを背負いながらもなんとか立て直し、新たな門出を迎え、まさにこれからがんばっていきまっしょい!的な追い風ムード(自作自演だけど、それも必要)を一気にぶち壊す基地外が発生!せっかく「煙少なめタイプ」にしてやってんだから、早めに考えないとコロン!ってなっちゃうよ。

1匹いれば、その周りには10匹位はいるらしい(ってバルサンが言ってた)。これは害虫の習性らしく、1匹では太刀打ちできないから増殖し集団化するらしいのだ。弱者の方法論としては、「なんとかエサにありつくために生み出した害虫達の知恵」だから、それはそれで賢いやり方であって、生きてく術として考えれば、「例え他人のエサにも食い付く」という本質は間違っていない。
ただ問題なのはこれを害虫同様、単細胞生物がやるのは「細胞が少ない」のだから仕方ないとして、知恵も道徳もある「人間」がこれをやった場合に下される「評価」には取り返しのつかない大きな意味があると言えるだろう。

弱肉強食という言葉がある。これは下等動物の補食習性として一般的だが、ホモサピエンス業界においては一定のモラルの範囲内にて行われるのが常識だ(決して悪い事ではないのだから)。ところが基地外クラスの大物になるとそんなセオリーを容易く乗り越え、下等動物さえも行わない様な暴挙で出る事が今回新たに判明した。簡単に言うと「弱肉弱食」である。共食いである。なんともみっともない生命体ではないか!?
とは言え、チンパンジー業界では雄の成獣グループが同じチンパンジジーの幼獣を襲って食べてしまう事があるらしいので、あり得る事だ。まあ今回の基地外もチンパンジークラスの接し方がいいんだろう。

いずれにしても、僕たちは痛みに耐えながらも前に向って進んでるのである。害虫駆除は専門業者に任せよう。。。。。くだらない。
posted by Bishop at 15:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

APPLEが恐ろしい位に激怒してる件について

すごいな、この抗議っぷりは。
文化庁が募った「知的財産推進計画」の見直し(一人勝ちのヤツがいるんだよ。)に対してAPPLEが提出した「びっくりするくらい凄まじい抗議文書」である。
私的録音録画保証金制度によってiPodに上乗せしろ!という風潮に対して、トサカに来たAPPLEの怒りの抗議文である。

是非、読んで下さい。(11ページ目から)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/070531/iken1.pdf

APPLEの主張は、、、、
iPodによって著作物がコピーされちゃうんだからiPodを売ってるAPPLEから金取るぞ!って言うけどさぁ、そもそも簡単にコピーできるってわかってんだから、CD、DVD作ってるソフトメーカーがまず防止策を考えるべきじゃん?(っていうか、ソフトに対して私的録音録画保証金を乗っけりゃいいじゃん?)しかもそういう話し合いになんでハードメーカーのAPPLEも呼んでくれないの?悪いけど、うちは1億台売れてんだよ!20億曲売ってんだよ!デジタルプレイヤーでは業界最大手だし、そういう会議には呼んでくれたっていいじゃん。著作側だけで話し合っててさぁ、それって欠席裁判じゃん。
っていうか、家族内で兄貴がCD買ったらさぁ、普通弟はコピーするだろ?それは社会的に言えば常識でしょ?なんで一家で2枚買うのよ?あり得ないっしょ?世論と矛盾してるって!
あとさぁ、文化庁からJASRACへの天下り、、、、なんとかして!

みたいな話である。
確かに日本の著作権管理のシステムは異様に不透明だ。しかもある特定団体のために利用されてるのは一般人から見ても「ミエミエ」だ。文化庁もいい加減にその辺に気付くべきだし、変なしがらみはなくして欲しいね。
このAPPLEの強烈な抗議には深い意味がある。

是非、読んで下さい。(11ページ目から)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/070531/iken1.pdf
posted by Bishop at 13:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

「人生、宇宙、すべての答え」を知っていますか?

ググって見て下さい。
→「人生、宇宙、すべての答え」
答えは「42」です。

人生や宇宙、万物全てを表すのは42なのです。
世界第2位のスーパーコンピュータ「ディープ・ソート」が750万年かかってはじき出した答えなので、間違いないです。
(但し、750万年前にスーパーコンピュータがあったのかよ!とか言う三村風突っ込みは受け付けません。これは世界のGoogleも認める究極の答えなのですから。)

諸説あるようですが、、、

英語で書くと42文字?
"answer to life the universe and everything"

グーデンベルグの聖書は42行で1ページ、、、とか。

2進法で101010、アスキーだとアスタリスクなので、「なんでも使える数字」だから、、、とか。

"What do you get if you multiply six by nine? Forty-two"
(6×9は?、、、、に対して13進法で42。ちなみにこの文字数も42)

これらは人類の「究極の問い」と「究極の答え」に関わるお話であるために、神に領域にまで逝ってしまいます。よって、一般の社会生活で満足している人には意味がないので考えなくていいお話です。すいませんでした。問題は「究極の答え」を知りたいと思う前に「究極の問い」を考える方がいいと思います。

最後に、神の言葉を引用しておきます。
Sorry for all the inconveniences.
(すまん、不都合な事ばかりで。)


世の中、難しい事ばかりです。
ラベル:google
posted by Bishop at 19:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

公共広告機構のCMはなんか恐い(映像)件について

どうも薄気味悪いテイスト満載の公共広告機構のCMであるが、このCMは結構好き。
大人の一方的な心配がまるっきり逆だったりして、笑う。
所詮、大人がどれだけ青少年の為にいろいろ心配してあげた所で、子供の真意なんてもんは簡単には理解できないのである。(当たり前だけど。)
簡単に言うと、、、大きなお世話なのである。

公共広告機構 CM 『黒い絵』

ラベル:公共広告機構 CM
posted by Bishop at 03:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | Philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。