2007年03月21日

ボロボロである。

ついに限界が来て、風邪をひいた。
仕事や生活のリズムがめちゃくちゃになっていて、今だにどう馴染んで行けばいいか?よくわからないまま、日々が過ぎて行くワケである。
とりあえず、自分の仕事をしっかりこなして行ける様なペースを作りたいのだが、風邪が治んないと、どうもテンションも上がらないワケで、目下色々模索中である。

体制作りが必要だ。
posted by Bishop at 22:51| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

サディスティックミカバンドのコンサートに行った件について

17年ぶりの再結成である、、、、一夜限りの。岡田Pにお願いして、ちょっとだけ抜けて行って来た訳であるが、こんな忙しい時に、、、(心の痛みに耐えながら)感動した!!(純一郎風)
MIKABAND.jpg
17年前、僕は高校生で、テレビでしか見れなかったミカバンドだ。もう見れないと思っていたんだけど。
スタジオミュージシャンを目指していた当時の僕と、今スタジオミュージシャン、編曲家になった僕、、、という大きな違いはあるものの、やっぱり本物を見たら何とも言えない感慨深い思いにかられた。
TOTO(のコンサートもよかったな)の時と同様、現在のポップスを作った人達であって、ある意味大先輩の演奏には余裕がある。見ている方も安心だ。多くの経験に裏付けされた安定感はさすがだね。
カエラちゃんも良かったな。ゲストの奥田民生さんのギターソロもかっこよかった。
スカパラの青木さんのパーカッションや、佐橋さんのギターもやっぱり一流だ。サポートとしての役割を見事にこなしてたね。

古い曲もいっぱいやってくれたので、マジで感動。「黒船」、「台風歌」、「サイクリングブギ」、「どんたく」、「タイムマシンにおねがい」とか、、、、あり得ない!!!!感動した!!(純一郎風)
「BOYS&GIRLS」がなかったのは残念だけど、、、、まあ、あれは桐島かれんありきだしな。
あと、ステージもスゴかったけど、客席もすごかったよ。
布袋◯泰、尾崎◯美、松任谷◯実、竹中◯人、、、、、。

幸宏のドラム、高中のギター、礼さんのベースをあんなに目の前で見られたのは、ホントに嬉しくて、ちょっと唖然として動けなかった位。呆気にとられた。(&半泣き!?)

純粋に音楽を追求する事は、商業的な側面や時代性、マネーバランスなど、いろんな意味で難しく、うまく行かない事が多い。曖昧な定義しかない「音楽」を様々な逆境の中、30年以上追求して来た世代のミュージシャンは、音楽家という部分だけでなく人間として賞賛に値すると思うし、自分にも置き換えて考えてみたいと思いながら、、、おそらくもう2度とないサディスティックミカバンドのコンサートが終わってしまった。
アンコールの「タイムマシンにおねがい」は、目の前が曇って、よく見えなかった。
posted by Bishop at 14:58| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

疲れてきた、、、件について

疲れた。
過激なブログを書く気力もなくなってるワケ、ある意味、最近書いてるブログはすべて手抜きである(きっぱり)。
ここ数日はヘロヘロなのである。朝は早いわ、昼間はテンパリっぱなしだし、できなかった仕事を自宅に持ち帰って朝までやって、、、、の繰り返しで、、、ろくに寝れない。
やる事はいっぱいあって、楽しいものもあれば、そうでないものもあって、それが当たり前であって、、、、なんとも痛い。
アレンジやってる方が孤独で辛いけど楽しいのかな?、やっぱり。
まあ、今はそんな時期だし、これはがんばりどころである。
ラベル:疲れた
posted by Bishop at 03:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

ジャポニズムとしての「東京」について

昭和10年の東京、しかも貴重なカラーの動画である。
アメ公に東京大空襲で丸ごと焼き払われる前の東京である。映像を見て欲しい。
なんてモダンなんだろう。ヨーロッパの町並みを思わせるオシャレな街だ。
このまま、東京が発展し続けたら、今の東京はまた違った景色だったかもしれないな、と思う。その意味で今の東京は、「戦争で負けちゃって責任追わされた街」であって「申し訳なさそうに成長してたら、オリンピックで急に経済が高度に成長しちゃって、なんかバランスの悪い街」って事なんだろう。
この映像がホントの意味で「日本」なんだ!と思うと僕は東京が好きになった。今はおかしな感じだけど、「ホントはもっとオシャレな街」のはずなんだ!と思えるしね。
ホントの意味での「ジャポニズム」というか、「日本の伝統って意外にオシャレ!」みたいな気になるね。

昭和10年の東京の町並みー1(カラー映像)


昭和10年の東京の町並みー2(カラー映像)
posted by Bishop at 01:04| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

2007年03月01日

Music Lounge Jewel Open...

JEWEL2.jpg
ラベル:Music Lounge jewel
posted by Bishop at 03:57| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

ジェファーソン高校恋愛構造図が面白い件について

高校という所はなんて複雑な恋愛関係がひしめいている所なんだろう。これはアメリカのジェファーソン高校の18ヶ月間の恋愛構造図である。
jefarson.jpg
約1000人に生徒に対してアンケートをとり、約800人から返答があり、「学内恋愛関係を持った」と答えたのが約600人。この600人の返答をもとに作られたのがこの写真「ジェファーソン高校恋愛構造図」であり、とてもリアルだ。

ブルーが男性でピンク女性、、、それを繋いでいるのは「関係があった」という事、数字はその組合せが何組あったか?という事。

写真をクリック拡大してよく見て頂きたい。
実はこの高校の学内恋愛はモノ凄い事になってるのだ。

一番問題なのは左上のグチャグチャな部分には600人中約300人が関わっている事である。つまりこの高校は約半分の連中が「繋がっている兄弟」なのだ。なんとなく円形を形成する約30人(数えたよ)を中心に300人が繋がっているワケである。なんなんだこの学校は!?
この短期間に8人のピンクと関係を作っているブルー(ツワモノ)もいれば、なんかわかんないけど、よく見ると「ブルーとブルー」や「ピンクとピンク」が繋がってるじゃね〜かよ!どうなってんだよ!両刀使いはいるわ、繋がっているピンクとピンクの両方と関係持ってるブルーもいるし、、、、。

しかもよく見るとこの相関図は段々と「◯型」になっていってる様にも見える。この分だと卒業するまでに全員が関係を持った「美しい円形」ができるのではないか?と、、、、ある意味ここに、自然の法則によって美しい円を描く「ひまわりの種の中心」のような、、、フィボナッチの数列の様な数学的美しさを見出すのは僕だけだろうか?、、、、とにかく期待するワケである。
万歳!!ジェファーソン高校。
posted by Bishop at 01:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

目が回る程、忙しい一日だった件について

またこんな時間だよ。もう寝なきゃ!の時間なので、例のパチンコ情報屋さんの事は書けません、、、、それは次回に。
今日は、昨日のミックスが長引いてほぼ徹夜のまま、朝からSMPの015さんトコに出版や楽曲確認に行って、その後会社に戻るのが、かったるかったので、渋谷のいつもの喫茶店で事務事の電話やメールやらを一通りこなして、15時からマミマミのレッスンやって、その後タワレコ行ってCD大量に予約して、その後アップルストア行って岡田PのiPodケーブル買って、その後六本木行って、ベーグル&ベーグル買ってたら、岡田Pのボーカルの方の仕事の依頼電話があって、事務所に戻って各所に音源や書類を送って、、、、やっと本業のアレンジ始めて、オーディオ化までやって、終了だった。目が回る忙しさである。

(だいたい)コレくらい目が回った。↓
825481fb.jpg
posted by Bishop at 03:20| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

疲れた、、、件について

レコーディング終了である。こんな時間になっちまった。
ホントは↓の件で書きたい事があったけど、、、明日にしよう。
2843.jpg
posted by Bishop at 02:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

このブログ内の記事について(プレスリリース)

最近、レコーディングでいろんな人と話をする中で、このブログを読んでくれてる人が結構いて、、、、ありがとうございます。とりとめのない事をツラツラと書いているので、今後ともよろしく。。。。。
僕の事を知ってる人からすると、このブログが「難しい」とか「なんかウラがある」とか、思っちゃうみたいだけど、、、意外にそうでもないよ!?
深く考えないでちっちゃな事を誇大強調して、適当に書いてる程度です。

もともと、このブログを始めた時のテーマは、「視点を変えたモノの見方」みたい感じだった。世の中のステレオタイプな考え方やセオリー、当たり前だと思っている事が「ホントにそうのかな?と思う事を書こう!」と思ったのがキッカケです。
だから、ちょっと読んだだけだと、意味がわかんない事もあるかもしれません。読んでる人が「当たり前だ!」と思ってる事をあえて否定したりしてるからね。
世の中には(当たり前の発想では)理解できない事って沢山あるじゃん?
そういう事も「既成概念」みたいなモノを捨てれば意外に「あっ!それってわかる!わかる!」ってなるかもしれないし、、、。
「常に違った視点を持っていたい!」という自分の思いがこのブログになっているんだろう。

信じ込んでる宗教家とかにも「えっ!そりゃぁ否定はしないけど、ホントに神様が空から降りてくんの?」とかも興味があるから、冷静に空から何かが降りてくるという理解不能な発想も(皮肉も交えて)「現実的な状況」として捉えてみたい。(どっかの新興宗教とかね。)

人でも企業でも、何か問題が起きて体裁を繕うのは誰でも一緒で当たり前の事なんだけど、窮地に追い込まれた時に繕った体裁が、思わぬ方向に解釈されてしまい、ドンドン立場がなくなってしまったりすると、「人間臭くていいな!」と思う訳で、もはや起きた問題や体裁がどうこうって事ではなく「ホントの人、企業として魅力」を見た様な気になるので、そういうのは好きなのだ。(東京ネズミーランドとかね。)

「あっ!ウン!」の呼吸にしても、人間関係においては重要な事とされているけど、それは予定調和の世界なので、事象としては全く面白くない訳じゃん。「あっ!」、「ウン!」だったら、もの凄い信頼関係だけど、「あっ!」、「そう、、、。」だったら、信頼関係ゼロじゃん、、、っていうか興味すらないじゃん。100回に1回位は「そう、、、、。」って答えてみようよ!なにかが変わるかもよ!(予定調和から抜け出せて新しい世界があるかもよ!)って言いたいのである。(世の企業戦士の方々とかね。)

もちろん毎日こんな事を考えてるワケではないし、こんな事言っても忙しい世の中の人々には、その意味もわからないだろう。僕だって忙しいし、抱えてしまった問題も沢山ある。でもそんな僕の心の奥の方にちょっとだけある「せめてもの心の余裕」がこのブログなのかな?
だから、このブログに書いてある事は僕の中のとても小さな一面だから、これがボクのすべてだと思わないでね。僕は意外に単純だよ。

↓コレ位単純です。
manwoman.jpg
posted by Bishop at 20:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

酔っぱらいはイタズラの格好なターゲットだ。

疲れがピークに達しているので、たまにはくだらない写真でも見て笑っとこう。
酒を飲まない僕は、昔、こんな事をよくやってたな。なつかしい。

「酔っぱらって寝込んじゃった人にイタズラ」
http://www.dr.dk/p3/monkey_old/stablinger.asp

posted by Bishop at 02:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

なんか音楽制作が退屈な件について

どうも最近、音楽制作が楽しくないのである。楽しいだけの仕事だとは思ってないけど、なんか充実感もゼロである。他の仕事の合間にやってるから?仕方ないんだけどね。
でもそういう理由でもない気がするのだ。
当たり前かもしれないけど、自分との戦いになってしまっていて、アイディアも自分で出し、出たアイディアが良くない時も自分で判断して、また別のアイディアでやる、、、相談する相手もいないし、、、「孤独な戦い」だね。そんなもんなのかな?
そう考えると、昔のレコーディングは楽しかった気がする。みんながアイディア出し合って、トライ&エラーを繰り返す。時間的な問題ではなく「みんなで作ってる」感があったな。いろんなアイディアや考え方がぶつかって新しいものが生まれてた気がする。
それが決していい事なのかはわからないけど、少なくとも「仕事はみんなで助け合ってやる」という意味では、「それ」が当たり前だろう。全部一人でやるのは、テクノロジーのお陰で時間や金の面では削減できるけど、それを受け持つ人の精神的、肉体的な負担はハンパではないのだよ。
Iconic storage(孤独の部屋)
疲れた、、、もう寝よう。
ラベル:音楽制作
posted by Bishop at 02:31| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

っつうか、ヘンなニュースにも程がある件について

最近のヘンなニュースは、ヘンなニュースにも程がある。

ガソリンもって郵便局に強盗に入った男が、「これはガソリンだ!金を出せ!」と言った後、郵便局内にガソリンを撒いて火をつけたらしいのだが、その火が自分に燃え移ってしまい、焼け死んでしまった模様です。


なに?これ?
「金を出せ!」って言ったって事は焼身自殺が目的じゃないワケで、ホントにカネが欲しかったんだろう。初めての強盗でテンションが上がり過ぎて、意気込んでるうちに自分にも火が付いちゃって、、、アチッ!みたいな、、、で死んじゃった、、、みたいな話なのかな?
とてつもなくお茶目な上に、お騒がせな事件である。

すっ裸の男が下水道管に侵入して、管内点検用のカメラ付きロボットに追いかけ回されたあげく発見され、取り押さえられました。
保護された男は「ほっといてくれ、今疲れてるから、、、。」などと話しているようで、すっ裸のまま、病院のベッドで引きこもっている模様です。


これはこれは、お疲れの所、大変失礼いたしました。

っていうか、なんだよこのニュース。
posted by Bishop at 02:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

卵子、精子バンク「エクセレンス」の佐々木祐司氏が痛い件について

なんだ、この人、、、????

なんでもこの人は日本初の有償卵子、精子バンクの会社だって言い張ってるらしいのだ。

国内でドナーと希望者(夫婦)を募り、韓国で卵子の摘出し、やはり韓国内で希望者夫婦の夫の精子と体外受精の手術を行う、、、、みたいな方法らしい。

でも基本的に日本産科婦人科学会とか厚生労働省の生殖補助医療に関する報告書(2003年版)では、第三者による 有償の精子、卵子提供を認めてないし、韓国だって営業目的の斡旋とかダメでしょ?

日本初らしいんだけど、なんというか、今日テレビで佐々木さんの事務所を見たんだけど、、、、1人暮らしのフリーターの家じゃん。ゴミだらけでカップラーメンとかが散乱してるようなオフィス(っていうかアパートの一室)だよ、どう見ても。
インタビュー中には、豪快にコーラのペットボトルをラッパ飲みし、男らしくリンゴを丸かじりである。そのままインタビューに答え、、、「あのねぇ、卵子は生きてるんですよぉ!(スリッパを持ちながら)こういう物とは違うんですよぉ!」と、なんとも割り切った感が満載で、、、男前である。

「ドナー登録は誰でもできるんですか?」の質問に対し、
「えっ?誰でもいいっすよ、健康なら!」

「倫理上、問題はないですか?」の質問に対し、
「えっ?問題?、、、、どこに問題があんの?」

、、、なんかしゃべり方が長州(小)力さんに似てたな。

なんでも9人くらい登録者がいて、契約成立してるのが2ケースあって、交渉中の案件も1ケースあり、事業は順調のようである。
ちなみに「報酬:100万円」という(なにを基準にしているのかわからないけど)非常にわかりやすい価格を設定しており、「昨今の電話会社も見習え!」と言いたい程、わかりやすく、ユーザビリティーも万全だ。

ご興味のある方は、間違っても登録しない方がいいかと思われますが、、、。
ちなみに応募方法は以下の通りです。

卵子ドナーの条件として、、、
20〜28歳、職業と学歴不問と記載し、報酬は100万円。
希望者はHPの申し込み欄に身長、出身校、病歴、自己PRなどを書き込んだ上で、上半身の写真を送る。

卵子購入を希望する夫婦は、、、
卵子ドナーと契約が成立すれば、韓国に2週間程度滞在し、そこの病院で採卵。
夫婦の夫の精子と体外受精、妻の子宮への移植も韓国国内の病院で実施。
夫婦が支払う費用は、エクセレンスへのあっせん手数料、ドナーへの報酬、病院費用など400万円程度。


日本初の卵子、精子バンク「エクセレンス」
http://www.threeweb.ad.jp/〜excelle/

おそらく、そのうちなくなるか、摘発されるサイトです、、、。
posted by Bishop at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

「あるある」問題の根本的な認識の違いについて

「楽しくなければテレビじゃない」ワケである。ホントかウソかはその次の問題なのだ。楽しければ、ひとまずOKなのである。
そもそも、テレビというメディアをどの程度みんなが信用してるか?もしくはどの程度信頼性のあるメディアだと思ってるか?が問題であって、まずそこのコンセンサスを一致させなければいけない。

僕は基本的に、テレビというメディアは全く信用していないので、「楽しくなければテレビじゃない」という意見に賛成だ。ホントかウソか?なんていうのは考えた事はない、、、、全部ウソだと思ってるから。そういうぼくから見ると、一方的に「あるある」に抗議するのは違うんじゃんないかと思う。「あるある」だって、楽しくなければテレビじゃないと思って作ってる番組だろうから、、、、娯楽メディアとして追求してる部分もよくわかるし、、、その程度の番組だとも思ってるし。
(これはメディア論だから、それによってカラダを悪くしたとか、健康に害が出たとか、納豆が品切れで買えないとかってのは全く別問題ね。)

では、テレビメディアの社会的な責任は?という話になる。公共放送上に歪曲した情報を乗せるという事は明らかに社会を混乱を招くからだ。
しかし、社会的な責任というのはメディア側の大義名分であって、視聴者側は「別に責任なんかとってくれなくてもいいよ、最初っから信用してないもん」って考え方もある。

ここに問題がある。突き詰めるとこれは視聴者側の問題なのかもしれない。
つまり、信じてはイケナイのである。
あれはすべて作りモンなのだ。
テレビとは、作りモンの楽しさをおおいに期待すべきメディアなのだ。
鵜呑みにしたり、それによって何かが左右されてしまうようでは視聴者としては失格なんじゃないかな?

メディアは「楽しくなければテレビじゃない」という娯楽性をトコトン追求し、視聴者はその作られた娯楽、情報を「これってホントかな?でも楽しいから見よう!」という冷静な判断の元に楽しむ、、、、という関係が理想的だ。
というか、そういったコンセンサスがしっかり出来上がっていれば、こんなくだらない問題は最初っから出て来ないし、両者がいい関係のまま存続できると思うのだが。

これは例えニュース番組、報道番組でも「視聴者側の意識」は全く変えてはいけないと思う。
事件、事故があったとか、株式が上がった下がった、ドコドコのスイーツはおいしいとかっていうのはすべて、参考意見であって、判断するのは自分だ。極論を言えば、「(騙されたと思って)あの店のスイーツ食べに行こう!」、「恐い事件が起こった(らしい)」「納豆はカラダにいい(らしい)」位の認識でちょうどいいと思う。

メディア側はウソをついてはいけないので、報道、ニュース番組は実際に起こった事を脚色しないで事実を流せばいい。でも視聴者側は「ホントかな?」と思っている、、、

この関係が理想的なのだ。
お互いに最低限の使命は果たしつつ、お互いに信用関係はゼロ、というスタンスだ。
視聴者は(みんなわかってると思うけど)、「テレビなんて、面白いけど嘘くさいなぁ」と思っていて、テレビ側は「信用されてないんだから、がんばって信頼を勝ち取ろう!、っていうかそれより(ウソっぽいけど)楽しい物を提供しよう!」と思ってやってればいいのである。お互いにそれ以上望んではいけないんじゃないかな?

これは国民が俗物であるテレビメディアに振り回されているいい例だな。
posted by Bishop at 01:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

最近のヘンなニュース見出し一覧、、、について

最近、人間がバラバラになってしまうケースやなんだかよくわからない犯罪が多く、困った話であるが、それらを報道する時の表現が面白い事になっているのに気が付いた。
もはや、日常化しているため、これだけの大問題が「当たり前」のような、「モノ」みたいに報道されている。そしてどうもそれは日本だけではないようである。
以下は最近の「バラバラ」問題、または意味不明な犯罪を報道するネットニュースの見出し一覧

切断遺体 ついに上下が一致
[茨城バラバラ事件]遺体は同一人物 DNA、切断面も一致
別れた妻の恋人を殺しペニスを切断
「遺体は豚に食べさせた」 女性49人殺人犯の狂気
切れた教師、11歳の女子生徒を4階から投げ殺害=中国湖南省
カナダ史上最悪の49人殺害か、56歳男の裁判始まる=犠牲者を食肉処理の疑いも

ゴリラを食用にしていたコンゴ反乱軍、ゴリラ狩り停止に合意


食用ゴリラについては、生物学上あえて付け加えてみました!?
ラベル:バラバラ殺人
posted by Bishop at 01:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

サンダーバード2β2がリリースされた、、、後は?

Mozillaのthunderbird beta2がリリースされた。FIREFOXについでメールクライアントもまた新しいのが出て来た。mozillaはcaminoも作っていて、マックユーザーにも良心的だ。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0701/24/news033.html

こういったファウンデーションなり、オープンソースのおかげで、無償にていいソフトを使う事が出来るのはホントに有り難いワケである。

GOOGLEでもオープンソースのスプレッドシートみたいなモノもあって、このままこういうソフトが増えたら、スタンダードであるWORDやEXELとかもいらなくなるんじゃねぇ〜の?
っていうか、公官庁も今後、LINUXベースに変えていくって聞いた。OSのwindowsに対して金はかけられないんだろう。どうせPC1台に対してOSを1つ買ってるだろうから、そりゃ、WORDやEXELも含めれば、相当な予算が必要なんだろう。
これをLINUXとスプレッドシートなどのオープンソースソフトウェアとかに変えれば、基本はタダである。しかも開発も進んでいて、結構実用的なのだ。

そんなソフトがいっぱいあるので、ホントに便利な時代である。

最近はOSとAppを一緒にしちゃおう!的な動きもWEB2.0方面で見受けるので、マジですべてがOS内で、、、もっと言えばオンライン上でOSもAppも稼働する日が来るよ。
posted by Bishop at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

ブログ「酔っぱらい親父の信州雑記」が微妙な件について

「酔っぱらい親父の信州雑記」ってブログがある。
最近、始めたブログなので、まだコンテンツは少ないけどがんばって書いている様です。

「酔っぱらい親父の信州雑記」

いかんせん、コンピュータの知識も微妙な上に、ブログを書くのもひと苦労な方が運営されているので、読みにくいかもしれませんが、みなさん見てあげて下さい。
なんだか田舎の出来事や畑の野菜、米とかの話ををつらつらと書いている様です。

田舎モンな上に酔っぱらいなのでテーマが乏しく、おススメポイントは特にありませんが、メリットは米とか野菜とかが沢山余っているので、欲しい人は連絡すれば送ってくれるらしいです。(有料だと思うけど、、、。)
米はマジでウマいよ!これは僕もおススメ!

励ましのコメント、アドバイス等の書き込みをよろしくお願いします。
宣伝しろ!って言われてたんだ!忘れてた。

これでいいかな?、、、、親父。

「酔っぱらい親父の信州雑記」
posted by Bishop at 22:56| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Mr.そのまんま」の未来を占う件について

開票からわずか6分で当確が出ちまったそのまんま氏である。無所属(新)にはラッキーな「投票率67%」は大きかっただろう。無党派層が選挙に行ったって事だな。必然的に政治に興味のない連中はそのまんま氏に投票するだろう。(まあ、保守が分裂したっていう追い風もあるのかな?)

なんだか、妙に神妙な面持ち&ヘンな宮崎弁で会見してたけど、、、。

宮崎県は超保守的な体質を持ってるらしい。そういう県は「珍しいモン」に飛びつき易いと思うのだ。長野県も同じ様な感じだったので、今後の宮崎県が心配なのである。

長野県も超保守で固められていた。そこへ田中康夫チャンが出て来た時に県民は共感し、新たな長野県がスタートを切った。なにかが変わるかもしれない!とか思っちゃうんだろう。脱ダムやら県庁の体質なんかにもメスを入れて、それなりに長野県には新しい風が吹いた、、、、けど。
結局、長野県もまた元通り保守派(たしか自民系の元国家公安委員長だろ?)の県知事に変わり、せっかく一新された県政も今では保守体質マンマンですっかり元通りである。(ダムも順調に建設が再開されてるし、、、。)

県民の体質も似てるし、そこに現れた元タレント候補、、、、なんか似てるのだ。一時的に面白いから県民も飛びついて、話題にもなり、いい感じな気がするのだが、結局、県議会で座ってる奴らは昔からの保守派のやつらなワケで、そのまんま氏がどんなにがんばっても、そいつらの圧力に負けて、結局元の保守的な県政に戻り、Mr.そのまんまも芸能界へやむなく復帰、、、、というストーリーが見え隠れするワケだが、あえて、、、、がんばれ、東!

貴方が訴える先は「県民」ではなく、県議会でエラそうに座ってる「旧態依然の超保守派の連中」だ!、、、、、って康夫チャンは言ってると思うよ!?
posted by Bishop at 01:16| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

1=2を数学的に証明する件について

ある数がその2倍に等しい(1は2に等しい)事を数学的に証明してみよう!

a=b…………………………1式
a^2=ab……………………..2式 とする
a,bは実数です。 (a^2ってのは「aの2乗」の意味ね。)

んでもって、、、、
2式の両辺からb^2をひくと
a^2-b^2=ab-b^2 
これを因数分解すると
(a+b)(a-b)=b(a-b)
この両辺を(a-b)で割ると
(a+b)=b
1式よりa=b だから
(a+a)=a 
つまり
2a=a
両辺をaで割ると
2=1

よって2=1となる。
ある数はその2倍に等しい事になる、、、、ワケです。

注意:これはすべてウソっぱちです。よい子のみんなは信用しないで下さい。
ラベル:1=2 ゼロの世界
posted by Bishop at 00:15| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。